忘年会・新年会(宴会)での滑らない余興選び4選

一年の締めくくりや始まりの大切なときに場がしらけてしまうのは避けたいもの。 今回はこれからの時期、頭を悩ませる余興についてポイントをご紹介します。

一年の締めくくりや始まりの大切なときに場がしらけてしまうのは避けたいもの。
今回はこれからの時期、頭を悩ませる余興についてポイントをご紹介します。

1.ゲームで盛り上げる


一番王道かつ運営が楽なのがこれです。
まずはずさないです。

ビンゴゲームなどはルール説明も不要で、景品だけ何かを決めて後は当選者に一言コメントをもらうだけになります。
景品がディズニーランドのペアチケットなどカップルで使えるものにしたり、みんなを巻き込む感じにするとより盛り上がりますよね。

http://www.ryokou-ya.co.jp/kanji/game/gameindex.html

このようなマニアックなゲームもいろいろありますが、複雑になればなるほど司会者の腕が試されるので、まわりの人間含めて何度かゲームの認知と事前の練習が必要になりますね。

忘年会・新年会(宴会)での滑らない余興選び4選

2.動画で盛り上げる


これはクリエイティビティーが必要なのと事前準備にかなり時間を要しますが、いざ出来上がってしまうと当日の運営的にはかなり楽です。
主役の方の友人知人に突撃インタビューをしたり、事前に流行りのPVに合わせて、主役の方をそこの映像に当て込んだりもできます。
クオリティ次第でお金もかかりますが、安定的な評価を得られると思います。

http://hokusyu.com/04.html

どこまでやるかですが、AKBとかみんなで歌って踊れる系は王道でしょうね。レベルが高いほうが喜ばれますが、事前準備が大変です。。。

3.スペシャルゲストで盛り上げる


これは費用含めて運営の難易度が若干高くなります。

まず誰を呼ぶかですが、全員が満足するゲストは費用感含めてまずないため、誰を喜ばせるかに尽きます。
そして残りの人も盛り上がれるように、運営側が気を使わなければなりません。
そのスペシャルゲストもせっかく呼ばれたらみんなに盛り上がってほしいでしょうからね。

会社の忘年会でよく歌われる曲を歌えるアーティストや、そこそこ知られている芸人さんであればはずすことはないと思います。

忘年会・新年会(宴会)での滑らない余興選び4選

4.部署ごとの出し物で盛り上げる


これは会社全体の一体感が出て非常に良いと思います。
チームビルディング含めて、みんなで一緒に何かをやり遂げる。
普段、業務以外で関わらない人たちの意外な側面が見られて、今後の業務がスムーズに進む可能性が高いです。
また費用的にも大したことなく、見る側も楽しめます

一方で、社内がしらけた感じにならないのが絶対条件のため、そこをクリアーすれば審査員や商品次第で一番効果があると思われます。

いかがでしょうか。

私自身は、すべてのジャンルで見る側と演じる側と両方やっておりますが、終わった後の爽快感含めて4番はお勧めです。
1番は王道で楽だなというのと、2番はクリエイター次第で、3番はお金次第です(苦笑)。

皆さんも、忘年会・新年会の出し物でお悩みの際は参考にしてください!

全国の貸し会議室やレンタルスペースを探すなら

レンタルスペース・貸し会議室検索サイト【スペなび】

月額定額で利用できるワーキングスペースを探すなら

サブスクのワーキングスペースアプリ【Office Ticket Work】
(旧Bizplace) Bizplaceは、Office Ticket Workに変わりました。

ワークスペースの検索アプリ Office Ticket Work    

スペースナビのLINE公式アカウントを追加してお得なクーポンをゲットしよう!
LINE公式アカウントを友達に追加

スペなび公式SNSもチェック!!
【Instagram】 @supenavi
【Twitter】 @supenavi
【FaceBookページ】 https://www.facebook.com/supenavi/

※情報はあくまで記事執筆時のものです。
予約可能な人数、価格、個人利用等、詳細はお問合せください。


記事が参考になったら、シェアをお願いします!

投稿日:
更新日:

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます!


東京メトロ千代田線、副都心線明治神宮前駅からわずか30秒、JR山手線原宿駅からも徒歩5分。 ラフォーレ原宿の交差点、原宿のど真ん中に位置するVenire Venire。   建物の5階、6階フロアを占める総面積...もっと読む

みなさん、お酒を飲みすぎて、いつもより遅くおきる朝というのは虚無感や喪失感があったりしませんか? 実はそれは体調以外に、いつも同じ場所や雰囲気、 メンツなどによるマンネリ化で時間を無駄にしたという感覚が一つの理由なんだそ...もっと読む

  Feeeel編集部の(自称)キラキラ女子Miiです。 おかげさまで、プライベートでも「あ、キラキラ女子じゃん」と 古くからの友だちにまでいじられるようになってしまいました。 逆に、社内ではわりとスルーされて...もっと読む