3D撮影で内見の手間軽減+成約率アップ!!撮影シーンのご紹介

レンタルスペースを運営されている方にとって悩みの一つに下見の対応がありませんか? 下見の対応が予約につながればいいですが、必ず予約につながるわけではありません。 下見の対応の時間や手間に悩んでいたオーナー様が悩みを解消した事例をご紹介します。

【COFFICE門前仲町】のご紹介!!

まずは、今回取材に対応いただきましたスペースのご紹介になります。
門前仲町駅から徒歩1分のとてもアクセスの良いかなりおしゃれなレンタルスペース。
都内で着席で100人、最大で300人の大人数が収容できるイベントスペースはかなり貴重です。

大人数のイベントに対応できる設備も完璧です。大きなステージはもちろんプロジェクターでお好みの映像を投影可能!
ステージ上にはDJブースがあり、音響設備もバッチリです!
照明も自由に色を変更できて、目的に応じて雰囲気が調整できるのも良いですね!
業務用のキッチン設備を備えており、イベント時には飲食の提供も可能という、
至れり尽くせりなイベントスペース。イベントだけでなく、撮影などの予約もいっぱいということも頷けます。


【COFFICE門前仲町】の予約、お問い合わせについてはこちら


COFFICE門前仲町メインイメージ


前回、問合せ対応や下見(内見)の対応に追われていたオーナー様が3D撮影を導入することによって、
下見からの成約率がアップした事例は、以前の記事でもご紹介いたしました。

実際の撮影シーンを取材しました!

そして、今回は新たに別のスペースも3D撮影することになったということをお聞きし、実際に撮影している様子も取材させていただきましたので、ご紹介いたします。

レンタルスペースのオーナー様にとって、実際に撮影をしてみようかと検討するときには、撮影の費用はもちろんですが、
 「実際にはどんな写真が撮れるのだろう」
 「下見していなくても、イメージと違ったと言われることはないだろうか」
 「撮影にはどれくらいの時間がかかるのだろう」
 「ずっと立ち会わないといけないのだろうか」
など、気になる点は沢山あると思います。
今回は、そんなスペースオーナー様の立場に立って、気になる点を徹底的に取材してきました!


COFFICE シェアオフィス

取材スタート

3D撮影するスペースは、シェアオフィスとコワーキングスペースが一緒になった空間とのこと。
では早速、当日の様子をレポートしたいと思います。


スペース前で待ち合わせ
撮影当日、3D撮影をするカメラマンとは朝の10時にレンタルスペースの前で待ち合わせ。
到着すると、片手にバックを持ったカメラマンがいたのを見かけ、挨拶をしました。
一人しか居ないため、もう一人来るのだろうと思っていると、「では、行きましょうか」と一言。
確認すると一人で撮影するとのことです。
3D撮影というからには、かなり大掛かりなカメラを使って撮影しているのだろうと思っていた私、なんだか想像と違っています。


オーナーの要望をヒアリングする打合せ
その後、レンタルスペースのオーナーさんも交えて、撮影に関しての打合せをいたします。
話を聞くと、事前の訪問はなく、電話でスペースの概要を話したのみで撮影当日を迎えたということ。
正直に言うと、大丈夫なのか。。。という不安を覚えました。


3D撮影前のヒアリング


まずはスペース全体を内見、一周ぐるっと見た後で、およそ20分の打合せ。
この時間で、オーナー様の要望をヒアリングいたします。
シェアオフィスとコワーキングスペースということで、かなり広めのスペースです。

今回のオーナーの要望は以下の3点でした。
 ○明るい雰囲気で、清潔感のある写真にしたい。
 ○シェアオフィス部分は、個室が約20個ほどあるため、広さの違う個室は全て撮影して
  利用されるユーザーが3D写真で利用シーンをイメージできること。
 ○スペースは地下にあるため、入り口から確認できること。


撮影ポイント数が決定
この時点で、撮影するポイント数が決定いたしました。
およそ、50ポイントでの撮影をする必要があるようです。

それを聞いて、何時に帰れるのかとの不安がよぎりますが、そんな私の顔を察してなのか、カメラマンが驚きの一言を。
「1時間半はかかりませんよ(^^)」


3Dカメラセッチング3D撮影用カメラ


セッティング開始
カメラのセッティングが始まると、三脚の上に設置されたのは見たことのない大きいカメラ。
レンズが6個付いていて、上下に向いています。
なんでも100万円以上する専門的なカメラで自動で回転して撮影してくれるとのこと。
見たことのないカメラを前に、ワクワク感が止まりません!

3D撮影スタート!

撮影は、iPadを使って遠隔で操作するようで、早速、最初の撮影ポイントで撮影を開始しました。
カメラが自動で回転しながら360度を撮影するため、周りにいては写り込んでしまいますので、隠れて撮影します。
撮影開始ボタンを押すと、ウィーン、ガシャン、ウィーン、ガシャンと機械音が流れてきて、楽しくなってきます。

1つのポイントで撮影が終わると、すぐに次のポイントへ移って撮影開始。
1箇所につき、30秒くらいで終わりますので、サクサクと進んでいきます。


実際の撮影風景はこちら
3D撮影風景(入り口)


シェアオフィスの個室の中もパシャリ!
3D撮影風景(個室)


会議などに利用できる大きめのスペースは部屋の中で3箇所くらいでパシャリ!
3D撮影風景(会議室)

3D撮影終了!

撮影しては、移動を繰り返して、50ポイントの撮影にかかった時間はジャスト1時間でした!!
本当にあっという間に終わりました。この規模のスペースで、1時間で終わるのは驚きです!!

3D撮影した写真のチェック

その後、撮影した写真が問題なかったかの確認作業をしてしまいます。
こちらもiPadを使って、そのまま撮影したすべての写真をチェック可能です。


3D撮影 撮影後の確認

写真の確認も問題なく、すぐに終わりましたので、全部でかかった時間は2時間ほど。
これだけの手間で、下見の手間から開放されることを考えると非常に嬉しいサービスです。


▼実際に「3D+ONE」で撮影した【COFFICE門前仲町】の3D写真がこちら

「3D+ONE」のご紹介

いかがでしたでしょうか?
3D撮影のサービスは世の中にはいくつかあると思いますが、
実際に室内にいるような見え方、全体を俯瞰的に見れる点など、クオリティーが非常に高いです!!

実際にオーナー様に、撮影後の反響を聞いてみると、
 ・下見の手間が圧倒的に軽減できたためコスト削減につながった。
 ・Webで下見をして予約した人が増えた。
 ・スペースに興味を持ってもらえるようになった
など、予想以上の反響があったということです。

気になった方は是非、一度問い合わせをしてみてください!!

今回、ご紹介した3D撮影サービスのその他の事例はこちらです。
https://3dplusone.jp/gallery/
    
▼お問合せ・お申込先はこちら
株式会社sogno
担当:中西様
TEL:03-6450-1978
MAIL:lp@3dplusone.jp
オンラインチャット&問い合わせフォーム:https://3dplusone.jp/#contact



Feeeelでは、これからもレンタルスペースの運営に役立つ情報をご紹介していきます!!

レンタルスペース・貸し会議室検索サイト【スペなび】

月額定額で利用できるワーキングスペースを探すなら

サブスクのワーキングスペースアプリ【Office Ticket Work】
(旧Bizplace) Bizplaceは、Office Ticket Workに変わりました。

ワークスペースの検索アプリ Office Ticket Work    

スペースナビのLINE公式アカウントを追加してお得なクーポンをゲットしよう!
LINE公式アカウントを友達に追加

スペなび公式SNSもチェック!!
【Instagram】 @supenavi
【Twitter】 @supenavi
【FaceBookページ】 https://www.facebook.com/supenavi/

※情報はあくまで記事執筆時のものです。
予約可能な人数、価格、個人利用等、詳細はお問合せください。


記事が参考になったら、シェアをお願いします!

投稿日:
更新日:

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます!


ここ最近、認知度急上昇中の「レンタルスペース」、皆さんはもう利用しましたか?   プライベートな貸切パーティーや、いつもとは違う場所で行うビジネス会議等、用途は様々。 オリジナルの企画が色々できるとあって利用者...もっと読む

目次1 宿泊や24時間使えるレンタルスペース?!2 メリットを紹介します!2.1 ・時間を気にすることなく楽しめる2.2 ・設備・備品が充実!2.3 ・お得に利用できる!?2.4 ・いつもと違った雰囲気が味わえる3 それ...もっと読む

こんにちは!テレワーク歴3年以上、Feeeelライターの仲野識です。 海外では一般化されつつあるリモートワーク。 日本国内でも、主にベンチャーや外資を中心に、リモートワークや一部在宅勤務を認める企業もありましたが、この機...もっと読む