リワーカーの特徴と登録方法とは?女性におすすめのポイントから評判まで紹介!

Reworker(リワーカー)は、フリーランスや副業をしている方に、リモートワーク可能な案件を紹介しているサービスです。エンジニアやデザイナー、ディレクターなど様々な案件が見つかります。リモートワークや時短勤務など、いろいろな可能性の中で仕事を探したいと思っている女性は、ぜひ試してみたてほしいサービスです。

こんにちは!テレワーク歴3年以上、Feeeelライターの仲野識です。
男性ももちろんありますが、女性は特に多くのライフイベントがありますよね。
結婚、出産、育児などで仕事を辞める人もいるでしょう。

そんな中、再度仕事をしようと思っても、家庭との両立を考えると、フルタイムは難しい女性は多いのではないでしょうか。
リモートワークや時短勤務など、いろいろな可能性の中で仕事を探したいですよね。

Reworker(リワーカー)は、フリーランスや副業をしている方に、リモートワーク可能な案件を紹介しているサービスです。
エンジニアやデザイナー、ディレクターなど様々な案件が見つかります。
リモートワークや時短勤務など、いろいろな可能性の中で仕事を探したいと思っている女性は、ぜひ試してみたてほしいサービスです。
今回は、そんなリワーカーについて紹介します!

Reworkerのサービス概要と特徴

リモートワーク

Reworkerは、リモートワークやフリーランス、副業、時短勤務など新しい働き方ができる求人を紹介するメディアです。
もともと株式会社キャスターが運営していたサービスで、2019年10月に運営会社が株式会社bosyuに変更されています。
ライターやデザイナー、編集者など、在宅やリモートワークでできるさまざまな案件を見つけることができます。

副業サービス「Reworker」とは?

Reworkerは、在宅・リモートワークに特化した副業求人サービスです。
案件の約9割がリモートワーク可なので、自宅で働きたい女性には嬉しいですよね。

フルリモートOKなエンジニアやデータアナリスト、企業が運営するメディアの編集・ディレクション業務を行う記事編集ディレクターリモートワーカーを束ねる開発マネージャーの案件など、さまざまな仕事があります。

応募方法は簡単。
無料登録後にプロフィールページ上で、求人企業に直接応募すればOKです。
スカウトが届くこともありますが、現状まだ数は少ないようですので、自分から積極的に応募していきましょう。

リワーカー(Reworker)で仕事を探す

登録からお仕事開始までの流れ・使い方

Reworkerの利用には、会員登録をする必要があります。
会員登録はもちろん、求人への応募や採用確定まで費用は一切かかりませんので安心して登録してくださいね。
実際に応募しなくとも、案件をチェックするだけでももちろん大丈夫です。

まず公式ページに専用ページがあるので、そこから必要事項を入力し会員登録を済ませましょう。
会員になると、非公開だった情報も全て閲覧できるようになります。
自分に合っている求人情報を探し、気に入ったものがあったら応募ボタンから直接エントリーしましょう。

応募した後に、担当者から書類選考結果が届くのでしっかりチェックしておいてくださいね。
書類選考に通ったら、直接企業と面談を行います。
契約が成立すれば仕事開始となります。

副業サービス「Reworker」の特徴と利用するメリット

リモートワーク

リワーカーがどのようなシステムで作られているかわかったところで、ここからは副業サービス「Reworker」を実際に利用するときに知っておきたいサービスの特徴やメリットをご紹介します。
お試しで使ってみることもできますので、気になったら案件を確認してみてくださいね。

リモートワークの働き方を身につけられる

リモートワークは一見簡単に思えますが、実はそんなに簡単にできるものではありません。
コミュニケーション能力も問われますし、自己管理能力も問われます。
Reworkerはリモートワーク案件が豊富なだけでなく、リモートワークの技術を学べるのが嬉しいポイントです。

Reworkerのサービスを運営している「株式会社キャスター」は、すべての社員にリモートワークを取り入れています。
パラレルキャリアを実現しているスタッフもいれば、海外や地方在住のスタッフもいたりと、率先して新しい働き方を実現しています。
そんな企業が運営しているReworkerだからこそ、これからリモートワークで働き始める人も安心ではないでしょうか。

リワーカー(Reworker)で仕事を探す

副業サービス「Reworker」はこんな人におすすめ!

リモートワーク

ここからは、リワーカーを使うのにおすすめの人を紹介します。
女性をメインに紹介していきますが、男性にももちろんおすすめしたいサービスです。
もしかしたらあなたも当てはまるかもしれませんよ。
一緒にチェックしていきましょう!

パラレルキャリアや副業を始めたい人

Reworkerの案件は、フルリモートOKや時短勤務の案件が多いので、パラレルキャリアで2つ以上の仕事を掛け持ちしたり、本業がある会社員の副業を始めやすいです。

雇用形態も正社員や業務委託、パート・アルバイトなど様々な案件を紹介してくれます。

現在の就業形態にマッチした案件を見つけやすいので、上手にパラレルキャリアや副業を始めたい人からの評判が良いようです。

ワークライフバランスを上手く実現したい人

Reworkerは、時短勤務や在宅勤務・リモートワークOKの案件が多いので、ワークライフバランスを上手く実現しやすいサービスです。

家庭生活や育児、場合によっては親の介護など、自分の置かれた状況に合わせた働き方を実現できます。

スキルや経験はあるけど、出産・育児などで現場を離れた人が、職場復帰するときに使える便利なサービスかもしれません。

リモートワークの場所の選択肢「Bizplace」

リモートワークや在宅ワークは、「自宅で仕事ができる」というのが最大の魅力です。
とはいえ、実際に私もそうなのですが、常に自宅で仕事をしているとマンネリ化したり、集中力が途切れたりします。
また、オフィス環境の良さを痛感するのも在宅ワークならではの悩みと言えるかもしれません。

そんな時、仕事場所の選択肢として、新サービスの【Bizplace】がおすすめです。
Bizplaceなら、24時間スマートフォンからワークスペースを借りられます。
また、定額サービスなので、いちいち利用料金の支払いなど、煩雑なやり取りをする必要もありません。
現在、エリア拡大中ですので、ご自身が住んでいる場所にもワークスペースがあるかもしれませんよ!
ぜひチェックしてみてくださいね。

ワークスペース検索アプリBizplace
Bizplaceの詳細をみる

まとめ

今回は、副業サービス「Reworker」を利用するメリットなどを紹介しました。

Reworkerは、在宅・リモートワーク案件に特化した求人サイトです。
仕事と家庭を両立して働きやすい案件が多いのですが、今のところ案件にも偏りがあり、副業として週末や空いた時間に働ける案件は少なくなっています。

とはいえ、在宅ワークやリモートワークをしたい女性の足がかりになることは確かでしょう。
Bizplaceとうまく併用しながら、楽しい在宅ワークやリモートワークライフを送ってみてはいかがでしょうか?

リワーカー(Reworker)で仕事を探す

関連する記事

テレワークで従業員の勤怠管理をするには?管理のポイント、おすすめツールなどを紹介

注目されているチャットツール【discode】!どんなツールなのか紹介

リモートワークに欠かせないおすすめツール!Web会議やチャットを円滑化しよう

リモートワークの導入に必要な環境とは?ルール作りや導入すべきツールを徹底解説

【サブスクリプションとは】おすすめのサブスクサービスはコレだ!

【今更聞けない?!】サブスクのメリットや上手に使うコツを紹介

ウェビナー(Webinar)の意味とは?メリットとデメリット、オススメの開催場所

テレワークができるスペースを探すなら

レンタルスペース・貸し会議室検索サイト【スペなび】

月額定額で利用できるワーキングスペースを探すなら

サブスクのワーキングスペースアプリ【Bizplace】

ワークスペースの検索アプリBizplace    

スペースナビのLINE公式アカウントを追加してお得なクーポンをゲットしよう!
LINE公式アカウントを友達に追加

スペなび公式SNSもチェック!!
【Instagram】 @supenavi
【Twitter】 @supenavi
【FaceBookページ】 https://www.facebook.com/supenavi/

※情報はあくまで記事執筆時のものです。
予約可能な人数、価格、個人利用等、詳細はお問合せください。


記事が参考になったら、シェアをお願いします!

投稿日:
更新日:

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます!


こんにちは!テレワーク歴3年以上、Feeeelライターの仲野識です。 今回の新型コロナウイルスの感染防止のため、会社に集まることができなくなり、多くの企業が「在宅勤務」をせざるを得ない状況に陥りました。 そもそも国が「I...もっと読む

こんにちは!テレワーク歴3年以上、Feeeelライターの仲野識です。 新型コロナウイルスの影響で、オフィスの解約を考えている企業が増えているようです。 解約とまでは行かずとも、大きなオフィスではなく、オフィス分散という形...もっと読む

こんにちは!テレワーク歴3年以上、Feeeelライターの仲野識です。 コロナウイルスの影響で長引く外出自粛。 緊急事態宣言が解除となった今も、感染拡大を恐れて外出を控える方は多く見られます。 仕事も、出勤に戻った方もいれ...もっと読む