レセプションパーティーの意味とは?おすすめの服装と知っておくべき手土産とは

レセプションパーティーをご存じですか?今回は、そもそもレセプションパーティーとは何かを紹介したうえで、招待されたときに持っていくべき手土産や、パーティーに最適な服装まで詳しくご紹介します!レセプションパーティーに初めて出席するなら、ぜひこの記事をチェックしてみてくださいね♡

レセプションパーティーの意味とは?

レセプションパーティーの意味とは

レセプションパーティーとは、社交・交流のために各関係者を集めて行われる盛大なパーティーです。
ホテルで行われたり、飲食店なら店舗で行われることもあります。

創立記念パーティーなど会社関係のものから、カフェの新店オープン記念に至るまで多くのレセプションパーティーが行われています。
どれも社会交流を目的としているので、厳格なドレスコードがありますし、お土産も持参する必要があります。
招待状が届いたら、要項を必ず確認していくようにしましょう。

普通のパーティーとレセプションパーティーの違い

レセプションパーティーは、通常のパーティーとは異なります。
参加者もどちらかといえば企業関係者や役員などの高い地位の人が多いようです。
比較的規模が大きく、テーマ(オープン記念・創業記念など)が決まっています。

カジュアルよりもフォーマルな雰囲気のパーティーだと認識しておきましょう!
いろいろな人と交流を深められるいい機会なので、名刺や会社のパンフレットはこっそりカバンに入れ、有意義な時間にできるよう心掛けましょう。

お祝い金は一体いくら持っていけばいいの?

祝賀ムードの強いレセプションパーティーなら、お祝い金を用意していきましょう。
紅白の花結びの水引がお祝い用です。
形式ばったパーティーでなければ、花結びの水引かつおしゃれな封筒を用意してもいいでしょう。
氏名は水引の真下に筆ペンなどで書いてくださいね。

五千円~三万円ほどがお祝い金の大体の目安です。
基本は、後述する手土産と同じで、「気持ち」が大切です。
主催者との関係にあわせて、相応しい金額を包んでください。
会場の入り口で渡すのが大体の通例ですが、いざ行ったら「用意していなかった!」と慌てることがないようにしましょうね。

レセプションパーティーにおすすめの服装

レセプションパーティーにおすすめの服装

参加時の服装について悩む人もいるのではないでしょうか。
会場について見たら自分だけが浮いていることのないよう、服装選びはとても大切です。
レセプションパーティーに行く際に失敗しないファッションを把握しておきましょう!

男女問わず、レセプションパーティーは特別に「カジュアルな服で来てください」「この服でお願いします」などという指定がないかぎり、フォーマルな格好がベターです。
ファッション関係のレセプションパーティーなら、主催しているブランドの製品を1つは着たり、付けたりしましょう。

逆にライバル会社のものを着て行ったりすると、印象が最悪です。
遠くからでも目立つよう、主催ブランドの服以外ならアクセサリーやバックで取り入れるのがおすすめです!

男性におすすめの服装

男性なら、スーツやジャケットを着ていけばまず間違いないでしょう。
カラーはもちろん派手ではないダークトーンのものにします。
ただ、真っ黒なものではお祝いの席にそぐわないこともあるので、招かれたレセプションパーティーの雰囲気に合わせてスーツのタイプを選んでください。

シャツはカラーシャツではなくホワイトか、カジュアルめのパーティーならストライプなどの柄の入っているものもおしゃれです。
さらにネクタイの色で紹介いただいた会社のカラーを用いれば、おしゃれ上級者かつ、印象をよくするコーディネートになりますよ!

女性におすすめの服装

女性なら、「キレイめ感」「おしゃれ感」よりも「きちんと感」を意識してコーディネートしましょう。
派手なドレスや露出のあるワンピースやドレスは控え、ひざ丈のフォーマル感の強いものをセレクトしましょう。
パンツタイプのドレスもきちんと見えするのでおすすめです。

カラーは柔らかく女性らしさを演出できるパステルカラーもいいですし、万が一汚れてしまった時のことを考え、紺などのダークトーンを選んでもフォーマルに仕上がります。

また、ジャケットや大判ストールも必ず持参します。
外に出る場合は寒さ対策にもなりますし、肌を過剰に見せないためにも役に立ちます。

レセプションパーティーは手ぶらでいいの?おすすめの手土産は?

レセプションパーティーの手土産とは

レセプションパーティーは、お祝い金を渡さない場合でも手ぶらでの参加はしないようにしましょう。
手土産を持参し、主催者への感謝の気持ちを伝えましょう。
その手土産も、選ぶのに時間がかかって大変ですよね。
ここからは、レセプションパーティーに持っていくのにおすすめの手土産を紹介します。

お祝いの席にぴったり!シャンパンやワインなど、アルコール

アルコールが提供されるレセプションパーティーなら、その場で参加者たちにふるまうことができるシャンパンやワインが喜ばれます♡

シャンパンは豪華で華やかな印象を与えてくれます。パッケージもオシャレで粋なものが多いですから、場に合わせたデザインのものを選んでいきましょう。

また、ワインを持っていくならば一工夫で差を付けましょう。
会社の創業記念年や、社長の生まれ年、カフェの開業記念日など、主催者に関係する年のワインを持っていけば、ふつうのワインよりむぐんと好印象になりますよ!

休憩時間などに食べられるものをセレクト!お祝い用のおしゃれなお菓子

アルコールの趣味が分からない場合は、相手が飲めない可能性もありますから、不用意に持っていきにくくなります。
比較的フランクなレセプションパーティーや、主催者とあまりつながりがないなら、お菓子の手土産も喜ばれます!

その場で食べられるようなら、ケーキなどでもいいですね。
ただ、飲食店のレセプションパーティーであれば、デザートも作っている可能性がありますから、お菓子は避けたほうがいいかもしれません。

休憩時間に参加者がつまめるようなフィナンシェ・マドレーヌ・クッキーなどの焼き菓子は日持ちがしますし、個包装になっているものを選べば持って帰りやすいのでおすすめです!

場の雰囲気を華やかにする♡アレンジメントフラワーや花束

お祝いの華やかな席に彩りを添えるなら、やはりお花が喜ばれます!
生花の花束はその場で飾れるよう、籠に入っているものがおすすめです。
相手の会社のカラーに合わせた花で作ってもらったり、主催者の人のイメージで作ってもらうと喜ばれますよ♡

手土産として持参するのであれば、日持ちのするように加工されたブリザードフラワーや造花のアレンジメントを贈るのもいいですね!
特に、主催者が女性の時にはとても喜ばれる手土産となるでしょう。

マナーを守ってレセプションパーティーを楽しもう♡

レセプションパーティーの意味を知れば、おのずと正しい服装や持っていくべき手土産、気にしなくてはならないポイントがわかるはずです。
レセプションパーティーは確かにマナーをしっかり守らなくてはならないフォーマルな場です。
ですが、過度に気負って楽しめなくては、パーティーの本質を見失ってしまいます。

主催者への「お祝いの気持ち」「応援の気持ち」を忘れずに、レセプションパーティーを楽しみましょう!

◆関連する記事◆

決起会の目的・メリットは何だ?決起会を行う意味から飲み会との違いまでを徹底解明!

☆レセプションパーティーができる会場を探すなら☆

レンタルスペース・貸し会議室検索サイト【スペなび】

スペなび公式SNSもチェック!!
【Instagram】 @supenavi
【Twitter】 @supenavi
【FaceBookページ】 https://www.facebook.com/supenavi/

※情報はあくまで記事執筆時のものです。
予約可能な人数、価格、個人利用等、詳細はお問合せください。


記事が参考になったら、シェアをお願いします!

投稿日:
更新日:

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます!


目次1 お花見シーズン到来!なのに雨予報2 小雨の場合はしっかり雨対策をして乗り越えよう!2.1 雨を考慮した場所取り2.2 屋根付きテントを使おう!2.3 急な雨の場合は簡易テントを作成3 小雨でもそうじゃなくても!必...もっと読む

目次1 簡単おしゃれにパーティーを飾り付けして盛り上がろう!1.1 100均アイテムをフル活用!少しの工夫で上級おしゃれ空間に♡1.2 インスタ映えを狙うなら飾り付けのポイントを押さえよう1.3 インテリアと組み合わせて...もっと読む

目次1 “結婚式の余興”成功させるには……2 余興成功のポイント~余興をする友人編~2.1 全員が楽しめる余興2.2 長時間の余興はNG2.3 下品な内容やふさわしくない内容は避ける2.4 準備、練習は念入りに!2.5 ...もっと読む