楽器の練習場所は自宅以外にも身近にある?!騒音にならない方法とおすすめ練習場所!

楽器の練習は場所選びに困ってしまうもの。集合住宅では騒音になってしまうかもしれないし、一軒家でも隣の家や近所に迷惑になってしまうかもと思うと、なかなか家では練習しにくいですよね。今回は、家で練習しても騒音にならない方法と練習場所としておすすめの場所を紹介します!練習場所で迷っているなら、この記事を参考にしてくださいね。

自宅で練習しても騒音にならない方法はあるの?

自宅で練習しても騒音にならない方法

自宅で楽器の練習をしたいと思ったとき、音が気になってしまって練習に集中できない人は多いのではないでしょうか。
そこでまずは、自宅で練習するときに騒音とならない方法を3つ紹介します。
ただ、楽器によっては今回紹介した方法では消音にならない可能性もあるので、自分がどの楽器をどのように練習したいかを考えて対策を練りましょう。

レンタル防音室を使う

レンタル防音室というサービスがあります。
家の中に防音室を建設するのは難しいですし、高いコストがかかりますが、レンタルで防音室をできるシステムなら、それほど高くない料金で自宅に防音室を作ることができます。
本来の目的は収録などの座って行う作業なので、広さは一人用なので非常に狭めでドラムや大き目の楽器では入りきりませんが、防音性には優れています。
集中して練習したい人におすすめです!

楽器によってはヘッドフォンを使う方法もあるう

キーボードやギター、ベースなどのアンプを通じて音を出す楽器の場合は、ヘッドフォンを付けての消音もできます。
実際に軽音楽部の人などはこのような対策を行って練習している人が多いようです。
ただ、ドラムやバイオリン、チェロやトランペットなどは消音のためのヘッドフォンは使用できません。

自宅以外の練習場所もある!

自宅以外の音楽の練習場所

自宅練習をするのにはやはり向かない楽器というのもあるのです。
防音設備のコスト面や広さ、集合住宅などの関係で自宅で練習できない場合は、自宅以外の場所で練習することもおすすめです。
ここでは、練習場所として4つの場所を紹介します。
自分の予算や練習に必要な広さなどを考慮して、一番適している場所を選びましょう。

カラオケ

カラオケで楽器を練習する姿はよく見かけます。
今はカラオケルームの中で、楽器練習に特化した場所もありますから、そこを選んでいけば迷惑委になることありません。
ただ、通常の部屋で管弦楽器の練習などを行うと、騒音となってしまいお店の人から注意される可能性もあります。
また、楽器ルームは人気の部屋のため、直接行っても入れない可能性があります。
予約してから行くのがおすすめです。

音楽スタジオ

楽器の練習をするなら、やはり音楽スタジオは候補の一つとして外せません。
楽器練習やボーカル練習のために作られているスタジオですので、防音性には優れていますし楽器の練習をしてとがめられることはありません。
ただ、難点としてはレンタル料金が高いという点があります。
プロも使っているところですので、なかなか学生さんなどでは気軽に練習に行けない値段設定のところもあります。
自分やチームの予算を考えて、スタジオを選ぶようにしましょう。

公民館(区民館・文化会館)

公民館で練習するという手もあります。
音楽スタジオやカラオケに行くよりもコスト面の負担が少なく済みますし、広い場所での練習も可能です。
難点として、大きな音を出しての練習が禁止されている部屋も多いという点があります。
公民館や地域センターによっては、音楽練習室という楽器OKの部屋もありますので、そちらを選べば問題なく練習が可能です。
ただ、和室や洋室などを選ぶと、隣の部屋からの苦情がきたり職員さんからの注意を受ける可能性もあります。
事前に用途を伝えておく必要があるでしょう。

河原・土手

青春映画のように、瓦や土手で練習することもできます。
近所の人に迷惑になる可能性もありますが、慣例として使っている場所もありますから、先輩などから聴いてその場所で練習をするのは青春の一ページとなるでしょう。
問題としては、外であるがゆえ、天候におおいに左右されるということです。
今日にいきなり練習したいと思っても、急な雨でできなくなってしまったり、冬などは寒くて指が動かなかったりと、長時間練習できないこともあります。
また、夜の外練習では危険もありますから、時間に制限があるのもデメリットと言えます。

レンタルスペースで楽器練習ができる!

レンタルスペースで楽器練習

実はレンタルスペースでも、楽器練習ができる場所があります。
上記で紹介したところよりも場所がしっかりしていたり、かつコスト面でもそれほど高額にはなりにくいので、レンタルスペースでの楽器練習はお勧めです。
注意点としては、楽器練習不可の場所もありますから、事前にそのレンタルスペースが楽器練習に使えるかの確認が必要です。

予約するページに、楽器練習についても記載があるところがほとんどなので、『楽器練習可能』と書いてあるところを選ぶようにするのがベストです。
防音設備もしっかりしていますし、広さもさまざまなので、用途に合わせて選ぶようにしましょう。

明大前マイスペース

明大前マイスペース
最寄り駅:明大前駅 (徒歩2分)
人数:~22名

一時間あたり3000円で借りることができ、明大前 2 分 と立地もいいこちらのスペースは、本来はカフェスペースとなっています。楽器練習においては、ギターやベースなどのアンプを使ったものは不可ですが、アコースティックギターや管弦楽器の練習は可能です。大きな音を出す場合は、事前にスペース主さんへ連絡をしましょう。

ピアノがあるので、伴奏に合わせた練習も可能です。最低利用時間3時間からなので、多少コスト面はかかってしまいますが、何人かで練習するのであれば、頭数で割ることができるのでコストダウンができますよ。
明大前マイスペースの詳細を確認・予約する

多目的スペース香音里~和室エリア~

多目的スペース香音里~和室エリア~
最寄り駅:神楽坂駅 (徒歩3分)
人数:~40名

本格的なグランドピアノがあるスペースです。
コンサートなどの本番を想定しての練習にぴったりです。
もちろん音楽イベントの会場として利用することも可能です。
多目的スペース香音里~和室エリア~の詳細を確認・予約する

賢い場所選びで楽しく楽器の練習をしよう!

このように、楽器の練習は家以外でもいろいろな場所で行うことができます。
楽器演奏可能な公民館やカラオケ、河原などであればそれほどコスト面もかかりません。
多少の予算があるのなら、音楽スタジオやレンタルスペースなどで行うのもおすすめです。
賢い場所選びで、楽しく効率的な楽器の練習をしましょう♪

関連する記事

効率良く時間を使う!大人になってからのピアノの練習方法

【楽器演奏可!】レンタルスペースで自分たちの音楽を奏でよう♪(東京編)

【明大前】楽器に囲まれた癒しの空間♪アットホームな多目的カフェ『明大前マイスペース』

ダンスの練習ならレンタルスタジオがオススメ!初めてでも簡単なスタジオレンタル方法

ダンス練習をするならカラオケが最適?!

音楽の練習ができる会場を探すなら

レンタルスペース・貸し会議室検索サイト【スペなび】

月額定額で利用できるワーキングスペースを探すなら

サブスクのワーキングスペースアプリ【Office Ticket Work】
(旧Bizplace) Bizplaceは、Office Ticket Workに変わりました。

ワークスペースの検索アプリ Office Ticket Work    

スペースナビのLINE公式アカウントを追加してお得なクーポンをゲットしよう!
LINE公式アカウントを友達に追加

スペなび公式SNSもチェック!!
【Instagram】 @supenavi
【Twitter】 @supenavi
【FaceBookページ】 https://www.facebook.com/supenavi/

※情報はあくまで記事執筆時のものです。
予約可能な人数、価格、個人利用等、詳細はお問合せください。


記事が参考になったら、シェアをお願いします!

投稿日:
更新日:

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます!


目次1 ワークショップの開き方のポイント1.1 参加型・体験ができるイベントにしよう1.2 テーマに合わせた場所選びをしよう1.3 参加者のゴールは明確にして2 誰と一緒に主催するかも考えよう2.1 パターン1 メインの...もっと読む

「ママ会」「女子会」「ワークショップ」「撮影」「会議」「1日カフェ・バー」 「料理教室」「交流会」「各種パーティー」「展示会」などなど。。。 レンタルスペースを探している人の目的は様々あると思いますが、 今回ご紹介するス...もっと読む

みなさんこんにちは!スペなび調査隊です! 今回も、とてもオシャレで使い勝手の良いレンタルスペースを発見しましたので、 皆さんにご紹介いたします!その名も「HEIBON CAFE」。   スペースの場所は、地下鉄...もっと読む