ヨガインストラクターになるには?必要な資格と仕事内容とは 求人傾向まで大紹介!

ヨガインストラクターという仕事は、今需要が非常に高まっている仕事のひとつです。ヨガと言っても多くの種類があり、どのヨガインストラクターになりたいかによって仕事内容も変わってきます。今回は、ヨガインストラクターになるために必要な資格があるのか、仕事内容や求人傾向に至るまで詳しく紹介していきます。

ヨガインストラクターとは?

ヨガインストラクターとは

そもそも、ヨガインストラクターとはどのような仕事なのでしょうか。
ヨガインストラクターとは、簡単に言うと『ヨガの先生』です。
ジムのインストラクターさんのように必要な時だけ出てきてくれるわけではなく、講師として受講者の前に立って実演しながらヨガを教えるのが一般的です。

では、ヨガインストラクターにはどうやればなれるのでしょうか。
資格や経験、活躍の場などにフォーカスを当てて見ていきます。

ヨガインストラクターになるために特別な資格は必要?

ヨガインストラクターになるための国家資格などは必要ありません。
有資格者でなくとも、ヨガインストラクターを名乗ることは可能です。
資格については後述していきますが、持っておけば確実にプラスにはなりますが必ず必要というわけではないのです。

ヨガと一口に言っても、通常のヨガやホットヨガ、インドヨガやアイアンガーヨガなど、実に多くの流派があります。
自分が行いたいヨガを選んで資格の勉強をするとよいでしょう。

ヨガインストラクター関連の資格や講座

ヨガインストラクターとしてさらなるステップアップを図りたい人や、これからインストラクターとして働くのに資格を持っておきたいという人は、ヨガインストラクターにどのような資格があるのか知りたいですよね。

国際資格として持っておきたいなら、世界最大規模のヨガの団体「全米ヨガアライアンス協会」が発行している【全米ヨガアライアンス】がおすすめです。
「国際ライセンス」と言える、世界規模で認知された信頼性のある資格ですので、就職のときに持っていると非常に役立ちます。

アイアンガーヨガ認定指導員は、インドのアイアンガー師によって編み出されたヨガのメソッド【アイアンガーヨガ】を指導するために必要な資格です。
アイアンガーヨガは、この資格を持っている人しか教えてはならないという決まりがありますので、あなたがもしアイアンガーヨガを教えたいならば、必ず取っておきましょう。

取得には条件があり、アイアンガーヨガ認定指導員のもとでの3年の経験を経てから指導員のためのプログラムに参加しなくてはなりません。
その後、テストを受けることとなります。

どちらも実践的なテストもありますので、しっかりヨガのイロハを学んで臨むようにしましょう!

ヨガインストラクターの求人傾向

ヨガインストラクターの求人傾向

最後に紹介するのが、ヨガインストラクターの求人の傾向についてです。
せっかく資格を取ったのに、求人が全くなかったりどこを見ればよいのか分からなくては困りますよね。
ヨガインストラクターの就職先を紹介しつつ、求人の傾向を分析していきましょう。

ヨガブームでインストラクターの需要が増えた

未経験者からヨガインストラクターになる人も少なくありません。
ヨガ教室などでは、常にインストラクター不足に悩まされている現状があります。
通っている生徒さんの中から、その教室のインストラクターを目指す人が多く、教室側もそれを積極的に推進し、受け入れている現状があります。

また、ヨガインストラクターになる前にヨガのスクールでアルバイトをしている人も多いようです。
受付などのアルバイトから、実績や研修を積み重ねてインストラクターになる人も多いのです。

ヨガインストラクターの就職先は?

ヨガインストラクターの就職先は

ヨガインストラクターとして働くにあたって、いくつかの選択肢があります。
みなさんの想像する「ヨガ教室の先生」以外にも、実は別の働き方があるのです。
ここからは、そのヨガインストラクターの就職先にはどんなところがあるのかを紹介していきます。

未経験でもOK!ヨガスタジオのアルバイトからスタートの人も多い

未経験者からヨガインストラクターになる人も少なくありません。
ヨガ教室などでは、常にインストラクター不足に悩まされている現状があります。
通っている生徒さんの中から、その教室のインストラクターを目指す人が多く、教室側もそれを積極的に推進し、受け入れている現状があります。

また、ヨガインストラクターになる前にヨガのスクールでアルバイトをしている人も多いようです。
受付などのアルバイトから、実績や研修を積み重ねてインストラクターになる人も多いのです。

個人インストラクターとして活動することもできる

ヨガインストラクターには資格が必要ないという話は前述のとおりですが、ヨガインストラクターとして活躍するのにどこかの教室の正社員となって教える必要もありません。
実はヨガインストラクターには多くの選択肢があり、そのうち一つが企業に属する社員となり、ヨガを教える方法だというだけなのです。

インストラクターとして実績を重ねた人は、独立して個人インストラクターとして活躍する人もいます。
ヨガで使えるレンタルスペースなども増えてきているので、個人でワークショップを開くのと同様に、個人でヨガレッスンを開くこともできるのです。
最近ではレンタルスペースも専用の場所が出来たりおしゃれなところが増えたりと、選択の幅が広がっています。

この働き方はいわゆるフリーランスというもので、個人事業主として働く事になります。
ヨガ教室でも、フリーランスで優秀な講師を招いてのゲストレッスンも積極的に取り入れていますから、将来的に独立を目指して働いているインストラクターさんは少なくないのです。

地域のカルチャースクールで働く方法もある

フリーランスの講師として活動していくなら、その場のひとつとして地域のカルチャースクールの講師になる方法もあります。
個人で集客するのとは全く異なる生徒層を教えられるので、新鮮な気持ちで発見があるでしょう。
求人は市町村の情報誌に掲載されていたり、インターネットに掲載されていることがほとんどです。

正社員として働いているインストラクターは『副業』の扱いになってしまうため応募できませんから、個人事業主のインストラクターが集まるのです。
自分が受ける側に回って雰囲気を確かめるのもおすすめですよ。
組まれるプログラムとしては、ダイエット目的のものやホットヨガなどよりも、年配の人でも参加できるような健康を目的としたゆるやかなヨガが多くなっています。

開催場所は地区体育館、集会所や公民館などの公共施設がほとんどです。
自分で場所代を払う必要がないため、アルバイト感覚でレクチャーしているインストラクターさんが多いようですよ。

ヨガインストラクターになってアーサナを感じよう♪

いかがでしたか?
ヨガインストラクターへの道は、実は以外にも身近なところにあるのです。
実際に筆者の友人も、ヨガ教室のアルバイトから今は立派なインストラクターになっています。
男女ともに人気の高まっているヨガは、これからも引き続き人気や需要のある職種と言えるでしょう。

ヨガインストラクターになって、生徒さんたちと大地や光、風の力を感じてみてはいかがでしょうか?

関連する記事

ヨガインストラクターの資格を取得するにはどうすればいい? 費用や取得方法を紹介!

【仲間と一緒にヨガ!】レンタルスペースでヨガしよう!

教室を開業するとき押さえておくべき知識は?資金や場所など計画を立ててから始めよう

自宅教室で起こりやすいトラブルとは?教室の開き方と一緒に注意点も理解しておこう!

【夢を手軽に叶える!】副業として料理教室!そんなことできるの!?

ワークショップを開催したい!開き方や準備方法のポイント、会場選びの方法まで紹介

【これさえ押さえておけば失敗知らず】ワークショップの進め方!セミナーとの違いとは

ヨガ教室のできる会場を探すなら

レンタルスペース・貸し会議室検索サイト【スペなび】

スペなび公式SNSもチェック!!
【Instagram】 @supenavi
【Twitter】 @supenavi
【FaceBookページ】 https://www.facebook.com/supenavi/

※情報はあくまで記事執筆時のものです。
予約可能な人数、価格、個人利用等、詳細はお問合せください。


記事が参考になったら、シェアをお願いします!

投稿日:
更新日:

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます!


目次1 DIYってどんな意味!?2 DIYが人気の訳とは?2.1 コスパが良い2.2 初心者でも簡単にできる2.3 自分好みに作れる3 DIYに必要な道具は?3.1 100円ショップで格安に3.2 ホームセンターで工具レ...もっと読む

目次1 イベント開催に向けての準備は「会場探し」に時間がかかるのが悩み1.1 どこで探したらよいかわからない。1.2 色々な条件があり、条件に合うスペースが探すのが大変1.3 問合せをしてみたら、まさかの返事が。。。2 ...もっと読む

目次1 ダンスの練習場所は無料で借りられる?1.1 無料で借りられるスペースは少ない1.2 【無料のダンス練習場所】大型施設のビルの前1.3 【無料のダンス練習場所】公園2 ダンス練習にはレンタルスタジオがおすすめ!2....もっと読む