夏の風物詩!お店以外で気軽に流しそうめんが楽しめるおすすめの場所とは?

夏の風物詩として、暑さを吹き飛ばすような楽しいレジャーのひとつが『流しそうめん』です。今回は、流しそうめんにまつわるあれこれを解説していきます。流しそうめんをするのにおすすめな場所を紹介しますので、この夏は仲間や家族と流しそうめんを楽しんでみてはいかがでしょうか?

流しそうめんはお店で楽しむもの?

流しそうめんを楽しもう

流しそうめんをするのに、やはりもっとも一般的な場所といえば『お店』ではないでしょうか。
流しそうめんを楽しめるお店は多く、毎年夏になると多くの人でにぎわう様子が見られます。
流しそうめんは、お店だけで楽しむものなのでしょうか?

関東近郊で流しそうめんを楽しめるお店は実は多い

東京都で唯一流しそうめんを楽しめるスポットである「季節料理 鮒宿」をはじめ、関東近郊には流しそうめんを楽しめるお店が多くあります。

都内を離れれば、雄大な景色を楽しみながらの流しそうめんができる長瀞「花のおもてなし 長生館」があったり、鎌倉には竹の筒を流れてくる昔ながらの料亭「茶屋かど」があります。
どこもレトロな雰囲気が特徴で、毎年夏の期間に流しそうめんを提供してくれています。

予算としては大体1,500~2,000円台のところが多いようですが、コースの内容によってはそれより高くなることもありますので、事前に予約する際に確認するのがお勧めです。

流しそうめんはお店だけで楽しむだけじゃもったいない!

お店の雰囲気や、景色を眺めながらの風情を楽しむ流しそうめんもいいですが、流しそうめんは、お店で楽しむものという固定概念だけでは勿体ありません!
実は、工夫次第で自宅やほかの場所でも流しそうめんは楽しめるのです☆

流しそうめんを自宅で楽しむには?

流しそうめんを自宅で楽しむ

流しそうめんは自宅で楽しむこともできるのです!
外出するのが難しい場合や、子供が小さい場合、ホームパーティーで流しそうめんを楽しみたいならぜひこれから紹介するやり方をチェックしてみてくださいね。
多少の費用や準備の手間はかかりますが、自宅で行える分気楽に楽しめますよ♪

本格派?! 竹を購入して流しそうめん機を自作する

ホームセンターや木材の材木屋などで、シーズンになると竹を販売してくれることがあります。
素人が横に切るのは大変なので、できれば材木屋さんやホームセンターで切ってもらいましょう。
七夕のシーズンには竹を販売しているので、7月初旬くらいがねらい目です。

4000円~5000円ほどで購入できますし、本物の竹では衛生上不安な場合は人工竹を購入する方法もあります。
インターネットで2000円程度で販売されていますので、本物の竹を購入するよりも手ごろな値段で購入できますよ。
保管も簡単ですから、来年もやりたいなど、長期的な使用を考えている場合は人口丈がお勧めです♪

子供におすすめ!自動で水が流れる流しそうめん機も売っている

ホースなどで水を流すのが大変な場合や、室内で流しそうめんを楽しみたい場合は『流しそうめん器』が活躍します。
テーブルの上において楽しめるようなコンパクトなものから、広いリビングで楽しめるような大型なものまで広く取り揃えられています。
値段感としては5000円~10000円まで幅広く、高くなればなるほど機能もたくさん付け加えられていきます。

ボタンひとつで動かせて後片づけも簡単なのがポイントです。
子供がいる場合や、ホームパーティーのひとつの楽しみとして流しそうめんを楽しむなら卓上サイズのものがおすすめです。
仲間とわいわい楽しみたいなら、大きなサイズのものを使って楽しむのがいいでしょう。
室内で楽しめるこのタイプは天候に左右されないので、梅雨の季節の暑気払いにもぴったりです。

さまざまなタイプの流しそうめん器が出ています。ぜひチェックしてみてくださいね!

流しそうめんはレンタルスペースでも楽しめる!

流しそうめんはレンタルスペースでも楽しめる

この夏、流しそうめんをやるのにおすすめなのが『レンタルスペース』で行う方法です!
レンタルスペースでは、季節ごとにいろいろな催しをしてくれるところがあります。
そこを借りてのパーティーは、準備も少なく済みますし、おしゃれな場所での女子会にも使えるのです♪

準備不要! 流したいそうめんや具材をもってくればOK

やはり準備の面や費用の面で、家で流しそうめんをするのはなかなかむずかしいと思います。
そこでおすすめしたいのが、レンタルスペースです!
レンタルスペースを利用することで、家を汚すことなく流しそうめんパーティができるのです♪

「BBQ」「たこ焼きパーティー」「鍋パーティー」などのパーティーを行うのにレンタルスペースを使うのはもう一般的になっていますよね。
それに加えて、流しそうめんも楽しめるのです!
おしゃれで広いスペースのレンタルだけではなく、流しそうめん器も一緒にレンタルできるので、手軽にパーティを開けますよ!

広々したスペースで仲間たちとわいわい楽しめる

竹筒の周りをイルミネーションで装飾した、夏に人気の「ライティング流しそうめん」は、SNSでも話題の天の川のような流しそうめんです♡
外で流しそうめんを行うにあたって気になるのは、やはり真夏の熱中症ではないでしょうか。
日差しがさんさんと降り注ぐ中で行う流しそうめんは楽しいですが、やはり体調は気になりますよね。

そんなときにおすすめなのが、レンタルスペースで行えるライティング流しそうめんです!
流しそうめんの竹にカラフルにきらめくライティングを施し、夜の闇を活かして流しそうめんを楽しめるのです♡
日が落ちてから実施できるため熱中症になる心配がないのがメリットのひとつです。

さらに、SNS映えするのも人気の秘密です♪
そうめんだけではなくフルーツを流したり、タピオカを流したりするなど、新しい『流しそうめん』の形を楽しめるのも、レンタルスペースならではです!

家族でも人目を気にせず遊べるのがポイント

自宅で流しそうめんを行うと、子供がはしゃいで家具や家電を壊してしまう可能性もあります。
お店に子供を連れていくのも、周囲の人に迷惑がかかるのではないかと心配ですよね。
そんなときも、レンタルスペースなら安心して楽しめます。

こどもをつれてきてもOKの場所なら、水にぬれてもいいような工夫がされていたり、子供が飽きないように遊び場も準備されていたりします。
竹のものよりも電動流しそうめん器が準備されていることが多く、家族で楽しみやすいスタイルが用意されています♪

電動流しそうめん器のデザインは、シンプルかつおしゃれなものが多く、使っていてテンションがあがります♡
流しそうめん器の真ん中には、食材を置ける場所があります。
何種類かタレを準備して、キッチン付きのレンタルスペースなら好きな具材を作って置いておくのもおすすめですよ!

流しそうめんはみんなでわいわい楽しんで夏の思い出を作ろう♪

いかがでしたか?
流しそうめんはやはりみんなで楽しんでこそです。
具材や場所選びなどの準備も含めて、流しそうめんを楽しみましょう。
場所によって楽しみ方も変わりますので、一緒に行く人や楽しみたい方法などを考えて場所選びをしましょう。
この夏は、流しそうめんで思い出を作ってみてはいかがでしょうか?

関連する記事

【タコパするなら押さえておこう!】タコパにおすすめの中身!定番から変わり種まで

【お家以外でタコパしたい!】たこ焼き器のある全国のスペースまとめ

室内でバーベキューができる?!雨も日差しも気にせず手ぶらOKのBBQに決まり!

梅雨の雨の日だってデートがしたい!おすすめインドアデートなら安心して楽しめる♡

盛り上がり必至!ホームパーティーでゲームをしよう!

流しそうめんパーティーのできる会場を探すなら

レンタルスペース・貸し会議室検索サイト【スペなび】

スペなび公式SNSもチェック!!
【Instagram】 @supenavi
【Twitter】 @supenavi
【FaceBookページ】 https://www.facebook.com/supenavi/

※情報はあくまで記事執筆時のものです。
予約可能な人数、価格、個人利用等、詳細はお問合せください。


記事が参考になったら、シェアをお願いします!

投稿日:
更新日:

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます!


目次1 最近の誕生日事情を把握して効果的なサプライズを仕掛けよう!1.1 彼氏の誕生日サプライズ1.2 彼女の誕生日サプライズ1.3 友達の誕生日サプライズ2 やっぱり派手に決めたい!盛り上がる誕生日サプライズのアイデア...もっと読む

  9月になり残暑も和らぎ、いよいよ秋の到来!   秋と言えば「スポーツの秋」「食欲の秋」「芸術の秋」「読書の秋」などとよくいわれます。 蒸し暑い夏が過ぎて少し涼しい季節に変わることで、感性が豊かにな...もっと読む

  ヤッハーーーー! 今日は俺、アールやっちゅうねん   ちょっと前に小旅行に行ったのですが、 その先でナチュラル系女子とちょっと遊ぶことがあって、 その子が今ヨガインストラクター目指してるらしくて色...もっと読む