【自宅以外で効率よくテレワーク】おすすめの場所やメリットを解説します

新型コロナウイルスの影響で、多くの企業がテレワークの導入を始めました。 しかし、自宅でのテレワークに限界を感じているという方も多いのではないでしょうか。 今回は、自宅以外でテレワークを行うことができる場所や、各場所のメリットデメリットなどを解説していきます。

コロナウイルスの流行で多くの人の働き方が変化しました。
テレワークで働く人が増える中で、自宅で仕事をするのが難しく、働く場所に困っているという方も多いと思います。
今回は、自宅以外でテレワークにおすすめの場所、メリット・デメリットも紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

自宅でテレワークを行う難しさ

自宅で行うテレワークは、移動時間がなくすぐに仕事に取りかかれるというメリットはあるものの、様々な難しさもあります。

赤ちゃんや小さな子供がいる場合

家族に小さな子供がいる場合には、生活音や子供の泣き声などが入ってしまうことがあります。
生活音が大きくなってしまうというのが、自宅でテレワークを行う難しさの一つ。

ペットがいる場合

ペットを飼っている場合も同様に、生活音が大きくなってしまいがちです。
オンラインでマイクをオフにできる場合には気にならないかもしれませんが、ずっとマイクをオンにしておかなければならない場合には、ペットの鳴き声が入ってしまいます。

洗濯物や寝具などの生活感が出てしまう

自宅でテレワークを行うと、どうしても気になってしまうのが、背景の生活感。
特に、洗濯物や寝具などが写り込んでしまわないように気を使っている方も多いのではないでしょうか。
バーチャル背景などを活用するとある程度隠すこともできますが、席を外した際などに、背景がうまく反応せずに後ろが丸見えになってしまうということも。

集中力を保つのが難しい

プライベートも仕事も同じ家で行うことになるため、リフレッシュすることができず、仕事に対する集中力を保つのが難しいという問題もあります。

テレワークで効率を上げるポイント

テレワーク

テレワークを行なっていると、仕事の効率が下がってしまうという悩みも多くあります。
効率良くテレワークを行うポイントを解説していきます。

コミュニケーションを密にとる

一人で黙々と作業をすることにストレスを感じる方の場合、作業中の些細な会話がストレス発散や気分転換になっていることがあります。
テレワークでは、些細な雑談をすることが難しく、孤独を感じてしまうということも。
テレワーク中は、webカメラをオンにして社員同士のコニュニケーションが円滑に行われやすい雰囲気を作ったり、積極的にメンバーに話しかけたりすることを心がけるようにしましょう。

テレワークを行う環境が整っていない

ネット環境が悪かったり、ツールを使いこなすことができていなかったりすると、テレワークにストレスを感じ、生産性も落ちてしまいます。
テレワークを行う際には、ネット環境の確認や、メンバーがしっかりとツールを使いこなせているかどうかも大切になるのです。

リフレッシュできない

毎日外に出ることなく自宅で作業をしていると、リフレッシュできない状況になってしまうので、効率が落ちてしまうことがあります。
週に何度かは自宅以外の場所で作業をするなど、仕事が捗る環境に身を置いてみることも大切です。

テレワークの場所選びに大切なポイント

テレワーク

テレワークを行う場所を選ぶ際に大切なポイントがありますので、しっかりと確認しておくようにしましょう。

インターネット環境が整っている

円滑にテレワークを行うために必須なのが、インターネット環境。
仕事内容に応じて、十分なネット速度があることも大切です。
Wi-Fiがあっても繋がりにくかったり、速度が遅かったりする場合もあるので注意が必要。
仕事に支障が出ないように、事前にチェックしておくようにしましょう。

電源が確保できる

インターネットとともにテレワークを行う上で重要なのが、電源の確保。
コンセント付きの席がどのくらいあるのか、確実に電源を使うことができるかを確認しておくと安心です。

騒音が気にならず、集中できる環境である

人が集まる場所では、話し声やちょっとした音が気になってしまうことがあります。
音が入ってくると集中してできないという方や、静かな環境で集中して取り組みたい仕事をする際には場所を選ぶ必要があります。

自宅から通いやすい

自宅からアクセスが良い場所を選びこともポイント。
テレワークを行う場所まで通うのがストレスにならないところを選ぶようにしましょう。

十分な作業スペースが確保できる

作業スペースが狭すぎると、作業効率を落としてしまう原因になります。
ストレスを感じない程度に十分な作業スペースを確保できるかどうかも場所選びの大切なポイントです。

テレワークにおすすめの場所

テレワーク

ここからは、テレワークにおすすめの場所について、メリットとデメリットを合わせてお伝えしていきます。

カフェ

テレワークで気軽に利用できる場所として思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
お気に入りのカフェで仕事をしているという方も多いと思います。

〈メリット〉
・いつでも好きなドリンクや軽食を注文することができる。
・お気に入りの空間で仕事をすることができる。

〈デメリット〉
・電源を確保できるとは限らない。
・時間制限がある場合もある。
・ネット環境が不安定である場合もある。
・BGMが大きすぎる場合に、オンライン通話でマイクをオフにしておかないと音がうるさく感じる場合もある。
・情報漏洩など、セキュリティーに気を付ける必要がある。

コワーキングスペース

様々な企業が提供している仕事をする人のためのスペース。
テレワークをしていると人と接する機会が減ってしまって刺激の少ない毎日になってしまいがちです。
ビジネスマンたちが集まるコワーキングスペースで仕事をすることが、モチベーションの維持につながることもあります。

〈メリット〉
・比較的リーズナブルに長い時間利用することができる。
・新たな出会いのきっかけが生まれる可能性がある。

〈デメリット〉
・他の人の声や騒音などが気になってしまう場合がある。
・どこにでもあるわけではなく、住んでいる場所から遠い場合もある

シェアオフィス

都内を中心に拡大しているシェアオフィス。
一つの空間を企業や個人が共有で利用する空間のことです。

〈メリット〉
・会議室、電話ブースなど仕事に必要な環境が整っている。
・様々なタイプから自分の好きなところを選ぶことができる
・様々な人が仕事をしているので、刺激になり、新たなアイディアや出会いが生まれることもある

〈デメリット〉
・どこにでもあるわけではなく、住んでいる場所から遠い場合もある。

ホテル

普段は宿泊のために利用するホテルですが、プライベート空間を確保するためにはおすすめの場所です。
電源やインターネット環境も整っているため、円滑にテレワークを進めることができます。

〈メリット〉
・個室なので、3密を避けることができる。
・テレワーク応援プランなどを実施しているホテルは長時間滞在が可能。
・仕事内容や情報を他の人に見られる心配がない。
・落ち着いて静かな環境で作業をすることができる。

〈デメリット〉
・ホテルを費用が高くなってしまう。
・予約をする必要がある。

テレワークをする場所を探すには?

テレワークをする場所を探す際におすすめなのが、Bizplace
全国のコワーキングスペースや、空室のレンタルスペースを月額定額で自由に利用できるサービスです。
自宅でのテレワークに難しさを感じている、落ち着いて仕事に集中できる場所を探したいという方におすすめです!
サブスクのサービスになっていますので、使わなくなったらすぐに解約もできるのも、始めやすいポイントです。
ぜひチェックしてみてくださいね。

ワークスペース検索アプリBizplace
Bizplaceの詳細をみる

関連する記事

【2020年最新版】テレワークを効率アップ!おすすめ便利グッズ10選

【東京都内】無料で使える!テレワークにおすすめの場所4選

テレワーク失敗あるある!成功するための対策を失敗から学ぼう

孤独で“テレワークうつ”が急増中!うつの原因と心をリフレッシュさせる解消方法

テレワークで気を付けたいストレス疲れ!ストレス解消方法でリフレッシュしよう

仕事中に集中力を高める音楽は?テレワークで仕事が捗る音楽とおすすめアプリ

渋谷にあるテレワークできる場所8選!個室やサテライトオフィスを紹介

テレワークに最適な場所とは?自宅以外の仕事場にどんな場所があるのか比較しよう

テレワークのできる場所を探すなら

レンタルスペース・貸し会議室検索サイト【スペなび】

月額定額で利用できるワーキングスペースを探すなら

サブスクのワーキングスペースアプリ【Bizplace】

ワークスペースの検索アプリBizplace    

スペースナビのLINE公式アカウントを追加してお得なクーポンをゲットしよう!
LINE公式アカウントを友達に追加

スペなび公式SNSもチェック!!
【Instagram】 @supenavi
【Twitter】 @supenavi
【FaceBookページ】 https://www.facebook.com/supenavi/

※情報はあくまで記事執筆時のものです。
予約可能な人数、価格、個人利用等、詳細はお問合せください。


記事が参考になったら、シェアをお願いします!

投稿日:
更新日:

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます!


こんにちは!リモートワーク歴3年以上、Feeeelライターの仲野識です。 国が緊急事態宣言を出してから、一か月以上が経過しました。 それを受け、休業要請する業種や施設も多かったのですが、最近では少しずつ空いているお店も増...もっと読む

コロナの影響でテレワークの導入を進めてきた方も、仕事の生産性が落ちていないか心配な時期にきているのではないでしょうか。 しかし、感染拡大が続いている今、テレワークの継続は行っていかねばならないところでしょう。 &ensp...もっと読む

こんにちは!テレワーク歴3年以上、Feeeelライターの仲野識です。 私自身はテレワークを初めて長いので、あまり大きな変化があったとは思っていませんが、 周囲では在宅勤務になったり、どのように働けばいいか分からないと悩ん...もっと読む