テレワーク失敗あるある!成功するための対策を失敗から学ぼう

コロナウイルスの影響で急速に導入されてきたテレワーク。勤務地や時間にとらわれない自由な働き方として、今後の働き方の一角を担っていくことでしょう。テレワークを成功させるためには、最小限の失敗で済むように対策を取ることが大切です。今回は、テレワークにおける失敗から学ぶ解決策をご紹介します。

こんにちは!テレワーク歴3年以上、Feeeelライターの仲野識です。

コロナウイルスの影響で急速に浸透した「テレワーク」。経験している人も多いのではないでしょうか?
厚生労働省や総務省は働き方改革の一環としてテレワークに関するガイドラインを作成し、勤務地や時間にとらわれない自由な働き方として推奨していました。
なかなか導入が進んでいませんでしたが、このコロナ禍の中、自粛により急速に浸透していきましたね。

メリットもたくさんあるテレワークではありますが、テレワークで失敗してしまった事例もあります。
この記事では、テレワークにおける失敗から学ぶ、成功のための解決策をご紹介します。

コロナウイルスの影響で急速拡大!テレワークとは?

テレワークあるある

そもそも、テレワークとは何だったでしょうか。
最初に、その本来の意味からチェックしていきましょう。
テレワークとは、情報通信技術(ICT)を活用し、場所や時間にとらわれずに働く勤務形態のことです。
テレワークという言葉は造語であり、「離れた場所」を意味する「tele」と、「働く」を意味する「work」を組み合わせて作られました。

テレワークはいくつか呼び名があり、「リモートワーク」や「在宅勤務」と呼ばれることもあれば、「施設利用型テレワーク」などと呼ばれる場合もあります。
リモートワークはテレワークとほぼ同じ意味で、「会社から離れたところで業務をする」という意味、
「在宅勤務」は家で仕事を行うという意味、
「施設利用型テレワーク」は、サテライトオフィスやレンタルスペースを使って業務を行うという意味です。
この記事では、統一して「テレワーク」と記載します。

テレワークには、適している職種がある

テレワークは、どの職種であっても適しているわけではありません。
ただ、突き詰めれば、多くの職種がテレワークが可能なのです。

適している職種は、営業職や事務職、研究・開発職、総務や経理など多岐にわたります。
仕事をする場所を移動することができない製造や工事現場、接客以外であれば、ほぼすべての仕事で実施できるのです。

テレワーク失敗あるある2選

テレワークする男性

テレワークの良さが理解できたところで、ここからはテレワークを取り入れることでどのような失敗が起こりうるのか、失敗事例をチェックしていきましょう。
実際にこれまでテレワークを行ってきて、自分もそうだったと感じる方もいるかもしれません。
それも合わせて、確認してみてください。

失敗事例① 仕事と私生活の切り替えがうまくいかない

場所や時間にとらわれないことは、テレワークのメリットとして非常によく挙げられます。
しかし、それに伴って仕事と私生活の切り替えがうまくできないこともよく見受けられるのです。

実際に、私も在宅勤務のため、ほとんど外に出ることなく家で仕事をします。
そのため、仕事と私生活をしっかり区別できていないこともありました。

テレワークには、正確な労働時間が判断しにくいデメリットがあります。
そのため、人によっては働き過ぎてしまう可能性が出てきます。
逆に、ついテレビを観たり、スマートフォンをチェックしたりと、仕事以外に目が向いてしまい、業務の効率が著しく低下する恐れもあるのです。

自分をしっかり律していかなければ、私生活の延長で仕事に取り組むことにもなりかねません。

失敗事例② 社員同士のコミュニケーションが不足する

テレワークは他の社員と直接顔を合わせないため、出社して仕事をする場合に比べ、社員同士のコミュニケーションがどうしても不足してしまいます。
意思疎通が取りにくくなったり、仕事の相談や情報の共有がしづらくなったりと、社員間の連携が悪くなることが懸念されます。

社内で仕事をする場合は、他の社員がどのような仕事をしているか、進捗はどうなっているかといったことは視覚情報から確認しやすいですが、テレワークの場合はそうはいきません。
チャットツールやメールを使用するにしても、すぐに応答が来るとは限らないため、その間仕事が止まってしまう可能性があります。

失敗事例から学ぶテレワーク対策

テレワークする女性

このように、テレワークを導入するにあたっては、様々な失敗が考えられます。
しかし、事前にどんなことをしておけば失敗しにくいか把握しておけば、その失敗を未然に防ぐことができます。
ここでは、失敗から学ぶテレワーク成功の秘訣を2つご紹介します。

適正な人事評価の見直しを行う

テレワークでは、遠隔で仕事を行うため、どうしても社員の仕事ぶりを把握することが難しくなります。
社内であれば他の社員の労働時間を気にかけることができますが、テレワークでは労働状況の確認がしづらく、規定の労働時間を大幅にオーバーしていても気付けない恐れがあります。

厚生労働省の『テレワークにおける適切な労務管理のためのガイドライン』においても、労働時間の適正な把握は留意点として挙げられています。
労働時間を正確に把握するには、タイムカードやICカード、パソコンの使用時間の記録などが推奨されています。
そのため、「評価制度」の見直しは必須といえるのです。

社員が納得できる適正な人事評価のあり方を考え直し、仕事の進捗や成果による適正な人事評価のあり方を作っていきましょう。
最初からきっちり決めすぎると、導入してからトラブルになる可能性もあります。
まずは、簡単にできることから始めてみましょう。

  • 仕事の進捗や成果を口頭で「報告・連絡・相談」しなくともわかるシステムの導入
  • 始業時にはコミュニケーションを取る
  • 1日の業務予定や気持ちの共有
  • 終業時には1日の業務報告や達成度や気分を共有する

こういったことから始めてみてください。
そうした上で、社員の仕事に対するモチベーションをチェックして、最もいい仕組みを構築していきましょう。

コミュニケーションツールの導入

上記でも記載しましたが、テレワークを行う際は、オンラインでスムーズな連絡を取り合うことが不可欠です。
そのため、テレワークを成功させるためには、コミュニケーションツールの導入が不可欠です。

  • 仕事の情報や進捗の管理ツールを共有することで社員間の意思疎通を図る
  • Web会議システムを利用して顔を合わせる

など、テレワークだからこそ、社員同士のコミュニケーションを積極的に推進しましょう。

まとめ

いかがでしょうか。
自分もこんな失敗をしたなと思った方や、これからするかもしれないと感じた方もいたことでしょう。
テレワークは、このパンデミックの中だけでなく、今後の日本にとって非常に大切な働き方となります。

テレワークを成功には、失敗事例から対策を学ぶことが大切です。
どのような失敗が起こりうるか事前に知っておくことで、課題解決策を把握できます。
しっかり対策を取って、テレワークを成功させましょう。

関連する記事

孤独で“テレワークうつ”が急増中!うつの原因と心をリフレッシュさせる解消方法

テレワークで気を付けたいストレス疲れ!ストレス解消方法でリフレッシュしよう

仕事中に集中力を高める音楽は?テレワークで仕事が捗る音楽とおすすめアプリ

新型コロナのテレワークはいつまで続く?長期化する予想のテレワークに対応する方法

渋谷にあるテレワークできる場所8選!個室やサテライトオフィスを紹介

テレワークに最適な場所とは?自宅以外の仕事場にどんな場所があるのか比較しよう

テレワークには課題もある?!管理側が注意するべきポイントを徹底解説

テレワークのできる場所を探すなら

レンタルスペース・貸し会議室検索サイト【スペなび】

月額定額で利用できるワーキングスペースを探すなら

サブスクのワーキングスペースアプリ【Bizplace】

ワークスペースの検索アプリBizplace    

スペースナビのLINE公式アカウントを追加してお得なクーポンをゲットしよう!
LINE公式アカウントを友達に追加

スペなび公式SNSもチェック!!
【Instagram】 @supenavi
【Twitter】 @supenavi
【FaceBookページ】 https://www.facebook.com/supenavi/

※情報はあくまで記事執筆時のものです。
予約可能な人数、価格、個人利用等、詳細はお問合せください。


記事が参考になったら、シェアをお願いします!

投稿日:
更新日:

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます!


こんにちは!リモートワーク歴3年以上、Feeeelライターの仲野識です。 国が緊急事態宣言を出してから、一か月以上が経過しました。 それを受け、休業要請する業種や施設も多かったのですが、最近では少しずつ空いているお店も増...もっと読む

こんにちは!テレワーク歴3年以上、Feeeelライターの仲野識です。 コロナウイルスの影響で長引く外出自粛。 緊急事態宣言が解除となった今も、感染拡大を恐れて外出を控える方は多く見られます。 仕事も、出勤に戻った方もいれ...もっと読む

こんにちは!テレワーク歴3年以上、Feeeelライターの仲野識です。 新宿のカフェで勉強しようと思っても、どこも混んでいて長居できないことはよくありますよね。 勉強するつもりが新宿でカフェ巡りをするはめになって、結局時間...もっと読む